So-net無料ブログ作成
検索選択

9999名称未設定-1-01.jpg

 
スポンサードリンク

ズムサタ もっちー絶賛!りりりがすごい。 [エンタメ]

ズムサタ もっちー絶賛!りりりがすごい。

SnapCrab_NoName_2014-5-18_22-58-25_No-00.png

ズムサタでおなじみのアナウンサー。もっちーこと望月理恵。
彼女の結婚や報道など数々のことがあった中で、ズムサタで取り上げられた「りりり」ちゃんがすごいとネットで報じられている。


りりりちゃんは学校に通いながらも、様々なパフォーマンスをネット上で披露していう状態にある。彼女がすごいのはダンス。どきんちゃんが大きくなったような、小さな巨人のような魅力に溢れている。


何と言ってもロボットダンスの再生回数などは飛び抜けている。


彼女世代かこういった活動が増えている中で、子供の教育問題が日本は上がっている。英語に関しては、教師の方が教えきることができるレベルとは言えない状況にあるみたいだ。先進国の英語とはいったい何なのか?

そういった議論が走っている中、教育という問題は瞑想中のような感じ。
世界的に問題になっている事業やビジネスにおいて、問題点が多いわけだが、
「りりり」ちゃんなど、個性の成長を期待してみるというのは、面白いもの。

実際に世界では、授業の中で好きなことを取り組んで、実行させるではなく、子供自らが進んで実行するような教育システムも少なくない。

携帯あぷりで、ぱんやトーストを片手に、英語を覚えられるような手軽さが「勉強」の中でもみえる時代だが、現実そういったイメージばかりではないのが事実。 

何を疑い、どう行動に励むのか。
もし子供ではなく「親」にフォーカスするなら、大人AKBという切り口で道が開かれたように、5066通の中から選ばれた、塚本まり子のような親でもありアイドルでもある彼女のスタイルは本来の、日本が持っている独自で勉強に進んで「背名」を見せるスタイルにもなる。

SnapCrab_NoName_2014-5-18_23-3-14_No-00.png


子供として、親として。

どちらが積極的にどうこうしていくということでもなく、お互いに成長しあえる環境。それが先進国を導くものかもしれない。

相乗効果という言葉があるように、それぞれがもっているものを尊重しあえば、「英語」ができないと・・・とか、親が見せつければ・・・といった言動や行動に引っ張られることもなく、やりやすい環境というのを導ける。

本来、成長していくのが「人間」。言葉に流され続けるべきではなく、見る所によっては相対的に確実に+になっていく。そういった意味では、本当に面白い国。






スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。